菩薩立像 ぼさつりゅうぞう

彫刻 

制作地:中国山西省長子県付近
北斉時代・天保3年(552)
石灰岩
1躯
重要文化財

台座の四面に二千字を超す銘文が刻まれていますが、その多くは結縁{けちえん}した人々の名前です。正面の結縁内容は、討寇将軍兼長子県令が、妻、一族、郷里の人々の助成結縁を得て、北斉の皇帝文宣帝{ぶんせんてい}、大皇太后{たいこうたいごう}の聖寿{せいじゅ}万才、国民安泰を祈って像と光背の千仏を造ったと記されています。(東洋館130102_t01)

作品所在地の地図

関連リンク

菩薩立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

観音菩薩立像
如来三尊立像
観音菩薩立像
石造菩薩立像
銅造如来立像
ページトップへ