青磁象嵌菊唐草文油瓶 せいじぞうがんきくからくさもんゆへい

陶磁 

制作地:朝鮮
高麗時代・13世紀
陶製
高4.0 口径2.0 底径4.8
1口

素地に彫り文様をあらわし、そこに白や黒の異なる色の土を埋め、その上から青磁釉をかけて焼き上げたもの。このような象嵌技法は、高麗青磁に特有の装飾方法であり、いかにも貴族好みの瀟洒な器に適います。本作は女性の化粧道具の一つです。

作品所在地の地図

関連リンク

青磁象嵌菊唐草文油瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁象嵌菊花文瓶
青磁象嵌蒲柳水禽文鉢
青磁象嵌菊花文長頸瓶
青磁象嵌雲鶴文合子
青磁象嵌辰砂菊唐草文油瓶
ページトップへ