青磁鉄地線刻唐草文碗 せいじてつじせんこくからくさもんわん

陶磁 

制作地:朝鮮
高麗時代・12世紀
陶製
1口

外面に鉄絵具を塗りつめ、線彫りで唐草文をあらわしたのち、青磁釉を施し、還元焔で焼成しています。技法としては青磁の一種であり、類例の少ない装飾手法です。底裏には砂粒が付着しています。朝鮮半島南部の全羅南道海南地方の製品と考えられます。

作品所在地の地図

関連リンク

青磁鉄地線刻唐草文碗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁鉄絵唐草文水注
青磁鉄地掻落参葉文水注
青磁鉄絵花卉文瓜形水注
青磁蓮唐草文浄瓶
青磁牡丹唐草文合子
ページトップへ