白地三彩直線交差文鉢 しろじさんさいちょくせんこうさもんはち

制作地:イラン・ニシャプール
イラン・サーマーン朝時代 10~11世紀
陶器
径23.0 底径10.5 高9.5
1口

薄い茶褐色の胎土を用いた、底面から開き気味に立ち上がる鉢。底面には高台を設けず、底面を中央に向けてゆるやかに窪ませている。内面から外面下部にかけて白化粧土を掛け、茶褐色の絵具で直線と波状線を、また黄色と緑色の絵具を帯状に彩色して装飾している。また口縁外側には、三角形と直線を組み合わせた文様を繰り返し描き、全面に透明釉を施している。見込み中央部を中心に透明釉が剥がれており、そのためこの部分の絵具は若干磨耗している。

作品所在地の地図

関連リンク

白地三彩直線交差文鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白地黒文字文小鉢
三彩木葉文鉢
三彩刻線文鉢
白地黒線文鉢
三彩刻線文鉢
ページトップへ