鐸形土製品 たくがたどせいひん

出土地:伝青森県三戸郡南部町大向出土
縄文時代 前2000年~前1000年
土製
直径4.2 高5.3
1点

2-3本を1組とした線刻風の細い沈線で文様が施され、上端には水平方向の穿孔がある。鐸形とするが、舌や舌を吊り下げるための孔はみられない。縄文時代後期前半の東北北部から北海道南部に分布する十腰内Ⅰ式土器に伴う特徴的な祭祀具である。この土器文化では本品のほかに環状列石、箱式石棺墓、土器棺再葬墓などの特殊な遺構や遺物が発達した。本品は縄文時代の祭祀具の多様性を考える上で貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

鐸形土製品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鐸形土製品
壺形土器
イカ形土製品(鐸形土製品)
台付二枚貝形土器
三角柱状土製品
ページトップへ