大輿地球儀 だいよちきゅうぎ

絵図・地図 / 江戸 

沼尻墨僊製 (1775-1856)
ぬまじりぼくせん
江戸時代、安政2年/1855年
木版手彩
径23.0
1基
秋岡武次郎コレクション

来歴:秋岡武次郎→1989神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館『まじわる文化 つなぐ歴史 むすぶ美―神戸市立博物館名品撰―』図録 2019
・神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
・海野一隆『東洋地理学史研究』清文堂 2005
・『土浦市立博物館第十二回特別展 地球儀の世界』図録 1994

大量生産・販売を目指して木版刷りをされたわが国最初の地球儀。竹ひごの骨格の上に木版印刷された世界図を張り合わせ、傘の原理を応用して膨らませた状態でみるものです。緯度30度から40度の日本が真上にくるように軸受けの傾斜は36度となっています。作者の沼尻墨僊は茨城県土浦の地理学者です。

【古地図】【江戸時代の洋学】

作品所在地の地図

関連リンク

大輿地球儀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

天竺之図
天竺之図

不明

地球分双卯酉五帯之図
地球分双卯酉五帯之図

長莎館校、沢田員矩誌

北極中心世界地図
北極中心世界地図

小佐井道豪

摂州神戸海岸繁栄之図
摂州神戸海岸繁栄之図

長谷川小信(二代貞信)

世界の舞台
世界の舞台

A.オルテリウス

ページトップへ