粉青掻落花蝶文扁壺 ふんせいかきおとしかちょうもんへんこ

陶磁 

制作地:朝鮮
朝鮮時代・15世紀
高21.8 口径4.5 高台径9.1
1口

轆轤挽きした壺を叩いて扁平にした扁壺は、朝鮮時代に流行した器形の一つです。灰色の素地に厚く白土を塗り、これを削り落として文様をあらわしています。屈託のない文様表現はこの時代特有のものです。側面には線彫りで柳と蟹があらわされています。

作品所在地の地図

関連リンク

粉青掻落花蝶文扁壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

粉青白地線刻草葉文扁壺
粉青掻落唐草文瓶
粉青象嵌魚文扁壺
粉青線刻魚文俵壺
粉青沙器掻落蓮池文扁壺(彫三島)
ページトップへ