根子ノ沢遺跡出土土器 ねこのさわいせきしゅつどどき

土器・土製品類 / 縄文 / 東北 

秋田県
縄文時代中期 大木9式期
高さ30.5㎝、口径30.4㎝、底径8.0㎝
1点
秋田県由利本荘市新沢字猫屋布45番地
秋田県指定
指定年月日:20190315
由利本荘市
有形文化財(美術工芸品)

この土器は、口縁が四つの波状をなし、全体
形は中間のくびれを境に上が大きく開き、下が
小さくすぼまる。中間のくびれには線を3本引
いて、その上下に立体的な渦巻文を組み合わ
せた複雑な文様を配置する。渦巻文などの立
体的な部分には最後に磨きをかけることにより、
光沢のある仕上がりとなっている。渦巻文はい
ずれも、渦の外側が高く、内側が低くなる螺旋
(らせん)状のつくりで、渦の中心には縄文があ
る。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

根子ノ沢遺跡出土土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

深鉢形土器
深鉢形土器/岩手県盛岡市繋字館市出土
猪野沢横台遺跡出土土器
田名塩田遺跡群出土の真脇式土器
山梨県酒呑場遺跡出土品
ページトップへ