花鳥図屏風 かちょうずびょうぶ

その他の画像全2枚中2枚表示

制作地:朝鮮
朝鮮時代・19世紀
絹に刺繍
(各)67.0×40.0
8曲1隻

色とりどりの刺繡【ししゅう】で表わされたつがいの鳥は、夫婦円満を象徴し、石榴【ざくろ】、蓮【はす】、牡丹【ぼたん】、菊などは子だくさん、富貴、長生きなどを意味する吉祥文様です。新婚の高貴な女性の部屋に飾られたこの屏風からは、朝鮮時代の支配層である両班【ヤンバン】の生活の一端が窺【うかが】われます。 (20150317_t105)

作品所在地の地図

関連リンク

花鳥図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

筆筒
袱紗 紅縮緬地菊鶏模様
牡丹小禽・蓮雀図
牡丹小禽・蓮雀図

清原雪信筆

南蛮屏風
青磁象嵌石榴文鉢
ページトップへ