太刀 銘成高 タチ メイナリタカ

成高
制作地:日本
鎌倉
鎬造、庵棟。
鍛肌板目やや大きく肌立つ。刃文子乱に小丁子交じる。茎生ぶで、先浅い栗尻、目釘孔四
刃長 80.4 cm 反り 3.3 cm
1口
銘文:表の中程目釘孔にかけて「成高」二字刻銘ある
重要文化財

成高(なりたか)は、鎌倉前期、古備前の刀工であるが、現存する作例はきわめて少ない。この太刀は、その中でも生ぶ茎(うぶなかご)在銘刀として、資料価値が高い。作風は、板目模様の鍛え肌に、丁子(ちょうじ)文様が小乱れとなる刃文で、古備前の特徴をよく示す。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 銘成高チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 銘吉家作
太刀 銘安清
太刀 銘雲生 付黒塗鞘刀拵
太刀 銘利恒
太刀 銘備前国長船住人真光
太刀 銘備前国長船住人真光

備前国長船住人真光

ページトップへ