ほこ

制作地:中国四川省
戦国時代・前5~前3世紀
青銅
長27.1 最大幅4.9
1本

中空の内部に、木製の柄を挿し込んで用いる武器です。下部正面には、舌を出す虎などの文様を、半対面には蝉や人の腕の形をした文様があります。これらの文様は、中国西南部の四川省で戦国時代並行期(前5~前3世紀)に栄えた巴(は)蜀(しょく)文化の青銅器の特徴でもあります。(160510_t051)

作品所在地の地図

関連リンク

チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山字形格剣
鏡形飾板
刻文匜
鞘付短剣
蟠螭文鼎
ページトップへ