緑釉竃 りょくゆうかまど

出土地:伝楽浪古墳出土
楽浪・1~3世紀
陶製
1基

楽浪(らくろう)では墳墓の中に土器や緑釉陶器(りょくゆうとうき)による模型を収めました。死者の死後の生活に用いると考えたからです。このような模型を「明器(めいき)」と言い、中国から伝わった風習です。緑釉陶器の竈も実用品ではなく、明器なのですが、現実に存在した竈の形を表しています。

作品所在地の地図

関連リンク

緑釉竃チェックした作品をもとに関連する作品を探す

皿

鉢

壺

緑釉博山炉
緑釉長頸壺
ページトップへ