紫紙金字金光明最勝王経 巻第七 ししきんじこんこうみょうさいしょうおうきょう まきだいなな

伝菅原道真筆
奈良時代 8世紀
紫紙金字
縦25.9 全長297.2
1巻

聖武天皇は国ごとに国分寺(こくぶんじ)と国分尼寺(こくぶんにじ)を建てることを命じた。国分寺の塔には護国の経典である『金光明最勝王経』を安置することが定められ、天平18(746)年には書写が完了した。紫色の染紙に金泥で経文を書いたもので、天平写経の白眉である。

作品所在地の地図

関連リンク

紫紙金字金光明最勝王経 巻第七チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金光明最勝王経 巻第一~十(国分寺経)
紫紙金字金光明最勝王経 巻第六
紫紙金字金光明最勝王経巻第二 
大方広仏華厳経 巻第二十
金光明最勝王経 巻第二残巻
ページトップへ