編物 あみもの

黒田清輝筆
明治23年(1890)
カンバス・油彩
48.7×59.2
1面

窓辺で手仕事をする女性という構成は、留学期において制作上最も充実したグレー時代を通して数点描かれ、サロンに入選しパリ画壇へのデビュー作となった《読書》に繋がってゆく。《読書》と同様、画面は鎧戸を通して室内に差し込む柔らかな光に満ちている。

作品所在地の地図

関連リンク

編物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

書見
書見

黒田清輝筆

編物
編物

黒田清輝

読書
読書

黒田清輝筆

編物する女
編物する女

黒田清輝筆

台所
台所

黒田清輝筆

ページトップへ