鎌倉にて(菜種) かまくら なたね

黒田清輝筆
大正5年(1916)頃
板・油彩
1面

小品3点をひとつに組み合わせているが、それぞれ別々に描かれて、のちにこの形にされたものであろう。即興的なタッチの冴えと優れた色彩感覚がよくあらわれている。後半期の黒田は、こうした小品を多く残している。

作品所在地の地図

関連リンク

鎌倉にて(菜種)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鎌倉にて(小壺にて)
鎌倉にて(初更の田舎)
鎌倉にて(菜種)
鎌倉にて(小壷にて)
鎌倉にて(初更の田舎)
ページトップへ