茶事控書 ちゃじひかえがき

細川三斎筆
江戸時代・17世紀
紙本墨書
縦20.5×横46.7(㎝)
1幅

細川三斎(忠興(ただおき))が、茶事を催す際大書院(だいしょいん)の上段間(じょうだんのま)、附書院(つけしょいん)、次間(つぎのま)、違棚(ちがいだな)のそれぞれの飾り付けについてしたためた控書。用いる道具類の記載が興味深い。最初に「入道宗立」の署名があり、茶の湯を極めようと邁進した晩年のものと推測される。

作品所在地の地図

関連リンク

茶事控書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

消息
消息

細川ガラシャ筆

細川三斎書状
細川三斎書状

(細川)三斎宗立(印)

高嶺の花
高嶺の花

松平慈貞院(貢姫・健子)、筆姫(建子)ほか

有馬記拾落
有馬記拾落

山本常朝

細川忠興(三斎)書状
ページトップへ