中空土製品 ちゅうくうどせいひん

縄文時代 3000年前~2300年前
土製
縦8.8 横6.2 高2.8
1点

縄文時代晩期の東北を中心に分布する亀ヶ岡文化の土製品。海洋哺乳類や鳥類などの動物を模したと考えられる。長側面の手状の突起、渦巻文、刺突文が特徴的である。亀ヶ岡文化では、亀ヶ岡式土器(大洞式土器)や遮光器土偶で知られるように精巧な作りの土器、土製品、石製品などが多数製作されたが、本品はその特徴をよく示す土製品である。

作品所在地の地図

関連リンク

中空土製品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

土版
亀形土製品
土版
皿形土器
注口土器
ページトップへ