彫三島茶碗 銘 木村 ほりみしまちゃわん きむら

陶磁 

制作地:朝鮮
朝鮮時代・16~17世紀
陶質
高6.1 口径15.0 高台径5.3
1口

彫三島とは彫りによって刻みをつけ、桧垣【ひがき】のような模様を表わし、そこに白土を象嵌【ぞうがん】したもの。高麗茶碗の中でも日本からの注文によって作られたと考えられている。この茶碗は内、外に花文があり、とりわけ外に花文があるのが珍しいところから外花手【そとはなで】とよばれる。

作品所在地の地図

関連リンク

彫三島茶碗 銘 木村チェックした作品をもとに関連する作品を探す

彫三島茶碗 銘 玄涛
三島茶碗
青磁象嵌石榴文鉢
井戸茶碗  銘 さかい  
水注
ページトップへ