鱗文様緞子(住吉緞子) うろこもんようどんす すみよしどんす

制作地:中国
明時代・16~17世紀
1枚

細かい三角形を繋いだ模様を龍の鱗(うろこ)に見立てて「鱗形」と呼びます。茶入「住吉文琳」の仕覆(しふく)に使用されたとも、豊臣秀吉の御茶頭八人衆の1人である茶人・住吉屋宗無(すみよしやそうむ)が所持していた大名物・住吉肩衝(かたつき)の仕覆に使われた裂(きれ)ともいわれています。

作品所在地の地図

関連リンク

鱗文様緞子(住吉緞子)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

緞子 花折枝鳥文様(万暦緞子)
古裂帖
袱紗 茶緞子地住吉踊模様
金襴 五彩鱗形宝尽し龍丸文様
青磁肩衝茶入
青磁肩衝茶入

龍泉窯

ページトップへ