後奈良天皇宸翰詠草(初鶯二首) ゴナラテンノウシンカンエイソウ(ハツウグイスニシュ)

制作地:日本
室町
1幅
重美

後奈良天皇(一四九六~一五五七)が「初鶯」の題で詠んだ「山さむみ」と「けふに明て」の二首の歌のうち、最初の「山さむみ」に点をつけられている。点者はこちらの歌をよしとしたわけであるが、ただ、そこにも「うくひすも」を「うくひすの」にするなど、三カ所にわたって添削が施されている。点者の厳しい指導の程がうかがわれる。
後奈良天皇は戦乱で窮乏生活を強いられるなか、諸芸の研鑽に励み伝統的な公家文化を後世に伝えた天皇として知られる。また、疫病に悩む黎民のために自ら「般若心経」を書写するなど、真摯な祈りを捧げ続けたことでも有名。

作品所在地の地図

関連リンク

後奈良天皇宸翰詠草(初鶯二首)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後奈良天皇宸翰詠草(暁荻)
著到懐紙(五月雨晴)(中ニ後柏原・後奈良天皇ノ宸翰アリ)
後柏原天皇宸翰懐紙(月多遠情・海辺擣衣・松葉不失)
正親町天皇宸翰和歌懐紙
寂蓮無題百首
ページトップへ