富雄丸山古墳 斧頭形石製品 トミオマルヤマコフン フトウガタセキセイヒン

その他の画像全4枚中4枚表示

制作地:日本
古墳
9個
重文

斧・刀子・やりがんな・鎌など、鉄で造った道具を滑石で忠実に写しかえたもので、石製模造品と云われている。古墳時代前期の終り頃を代表する祭祀の道具である。古墳の主の前で、木々につり下げたり、墓前に置いて死者を送り、現世の生活の安定を願ったのであろう。この古墳からは、碧玉製の腕飾、合子、琴柱形の石製品、銅製釧なども発見されている。刀子は皮製の鞘に入っていた形をうつしており、造形的にも美しい。

作品所在地の地図

関連リンク

富雄丸山古墳 斧頭形石製品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

富雄丸山古墳 管玉
富雄丸山古墳 鍬形石
富雄丸山古墳 刀子型石製品
富雄丸山古墳 ヤリガンナ形石製品
富雄丸山古墳 鑿形石製品
ページトップへ