大般若波羅蜜多経巻第五百三十一(東大寺八幡宮経) ダイハンニャハラミッタキョウカンダイ531(トウダイジハチマングウキョウ)

その他の画像全3枚中3枚表示

制作地:日本
鎌倉
紙本墨書
縦 26.4 cm 横 940 cm
1巻
銘文:嘉禄三年五月十日乗信書写奥書

東大寺の鎮守であった手向山八幡宮に奉納された『大般若経』六百巻の遺巻。紙背に「東大寺八幡宮」の黒印が捺してあるところから『東大寺八幡宮経』と呼ばれる。表紙は濃い紺紙に金箔銀砂子を散らし、見返しは白地に銀箔を置く。巻末に嘉禄三年(一二二七)五月十日、三論学僧の乗信が六十一歳で書写した旨の奥書を存する。

作品所在地の地図

関連リンク

大般若波羅蜜多経巻第五百三十一(東大寺八幡宮経)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大般若経 巻百四十八(東大寺八幡経)
小品般若波羅蜜経巻第九(光明皇后御願経・五月一日経)
大般若波羅蜜多経巻第四百九十五(薬師寺経)
大般若波羅蜜多経巻第四百八十四(小水麻呂願経)
虚空孕菩薩経巻下(光明皇后御願経・五月一日経)
ページトップへ