裸体・男(半身) らたい おとこ はんしん

黒田清輝筆
明治22年(1889)
カンバス・油彩
61.0×44.0
1面

アカデミー・コラロッシに通う傍ら、黒田は美術学校の解剖学の講義を聴講した。養母に宛てた手紙の中で「ほんとうのひとのしがい」を用いて解説する授業は分かり易いと述べており、その成果が人体の肉付きや均整の取れた骨格の描写に表れている。

作品所在地の地図

関連リンク

裸体・男(半身)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

裸体・男(半身)
写生帖4号(グレー 、解剖学講義)
《昔語り》画稿(男裸体半身像)
裸体・女(全身)
裸体・女(全身)

黒田清輝筆

裸体・男(半身)
裸体・男(半身)

黒田清輝筆

ページトップへ