縹糸威胴丸 兜・大袖付 附旗一旒 ハナダイトオドシドウマル カブト・オオソデツキ ツケタリハタ1ナガレ

その他の画像全2枚中2枚表示

1領
重要文化財

胴丸は、右脇に引合せを設け草摺(くさずり)を七~八間として徒歩しやすくした甲冑で、遺品は南北朝以降に多い。

本品は黒漆を塗った革と鉄小札(こざね)を一枚交ぜに組んで、これを縹糸(はなだいと)で威(おど)す。縹糸は露草の花で染めたもの。

兜は阿古陀形(あこだなり;阿古陀瓜に似た形の意)で、三十八間の筋と腰巻の囲垣(いがき)に鍍金の覆輪(ふくりん)をかけている。

兜・大袖の完備した胴丸として貴重で、金具も赤銅(しゃくどう)に透彫(すかしぼり)・魚々子(ななこ)、高彫(たかぼり)・色絵(いろえ)を施す古例である。

「集古十種」甲冑部に収載され、近年まで那須家に伝来したもの。

作品所在地の地図

関連リンク

縹糸威胴丸 兜・大袖付 附旗一旒チェックした作品をもとに関連する作品を探す

縹糸威胴丸〈兜・大袖付/〉
黒韋威胴丸 兜、大袖付
金小札赤糸素懸威腹巻
色々威胴丸兜頬当大袖籠手付
黒漆四十八間金覆輪筋兜
ページトップへ