渡唐天神像 ととうてんじんぞう

絵画 

方梅厓書 了庵桂悟賛文
中国・明時代 16世紀
絹本著色
縦58.3 横29.8
1幅

掛幅装。半透明の黒い頭巾をかぶり水色の道服を着けて、左肩から右腰に鞄をさげる渡唐天神像を描く。右脇には梅花を抱えている。輪郭線に沿って隈をつけたややアクの強い顔貌や、腕・裾のまとまりのよい形態感を特徴とするため、本像は中国における制作と考えられる。上部の賛文は、永正8年(1511)の遣明使で正使をつとめた東福寺の高僧・了庵桂悟(1425~1514)の詩文を、中国・寧波(浙江省)の文人・方梅厓(16世紀中葉に活躍)が書写したもの。文化交流の観点からも大きな意義をもつ重要な作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

渡唐天神像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

渡唐天神像
渡唐天神像
花鳥図
花鳥図

如寄筆 了庵桂悟賛

渡唐天神像
渡唐天神像

道晃入道親王筆・賛

渡唐天神像
渡唐天神像

伝狩野山楽筆

ページトップへ