法華経絵巻 残闕 ホケキョウエマキ ザンケツ

その他の画像全3枚中3枚表示

絵画 

制作地:日本
鎌倉
紙本著色
縦 31.8 cm 全長 129.3 cm
1巻
重要文化財

法華経絵巻は、法華経28品に説かれる内容を絵解風に描いたもので、もとは28品のすべてにわたっていたと考えられるが、現存するのは本図を含め3点(詞3段、絵4段)のみである。本図はこのうち、嘱累品(ぞくるいほん)の冒頭の絵1段にあたり、詞書は畠山記念館蔵本に残っている。図は霊鷲山で釈迦が聴聞の菩薩の頭をなで、法華経の弘宣を託す場面で、経文の一部が書き込まれている。筆者について、住吉慶恩との伝称があるが、真偽は別として鎌倉中期の絵仏師の手になるものと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

法華経絵巻 残闕チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本著色遊行上人絵伝〈巻第三残巻、第七/〉
絵因果経巻第四上(二十五行)
沙門地獄草紙(沸屎地獄)
絵師草紙模本
地獄草紙
ページトップへ