山水屏風 センズイビョウブ

その他の画像全5枚中5枚表示

絵画 

制作地:日本
平安
絹本著色
6曲1隻
国宝

山水屏風は真言宗の密教で潅頂(かんじょう)(仏弟子になるときの儀式)を行なうとき、その道場で用いられるが、本来は平安貴族の邸宅で用いられたものらしい。この屏風は、広々とした風景の下方に、草堂に隠棲して詩作にふける老翁と、それを訪問する貴公子の主従を描いている。平安時代に流行した唐絵(からえ)の珍しい例で、登場人物はすべて唐風に描かれているが、この老翁こそ中国唐代の詩人白楽天であろうと考えられている。しかし、絵画技法の上からみると、人物・山・水・樹木・岩石など、すべて温和で情趣的な日本化の傾向が著しく、平安時代後期の制作と思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

山水屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色山水屏風〈/六曲屏風〉
南蛮屏風
沙門地獄草紙(沸屎地獄)
紙本金地著色洛中洛外図〈狩野永徳筆/六曲屏風〉
十二天像
ページトップへ