Pillows Tapir and Nandina design in maki-e lacquer

Details

Pillows Tapir and Nandina design in maki-e lacquer

lacquer work / Edo

Edo period, 19th century

1対

大名家の婚礼の際、床入りの儀式に用いられた祝いの枕。片方の側面に悪い夢を喰うといわれる獏、もう一方の側面には、その音が「難転」に通じ厄払いの効能があるとされた南天(なんてん)を描く。いずれも魔除の意味で、初夜の床を飾る枕に描き込まれたものであろう。 (2004/12/07_h081)

Related Works

Search items related to work chosen