風景(グレー) ふうけい

黒田清輝筆
明治25年(1892)頃
カンバス・油彩
23.5×34.8
1面

ロワン河沿いのグレー村の集落には、一本だけ橋がかけられていた。この図は、その橋上から枯木越しに、「ガンヌの塔」と呼ばれる12世紀の古塔を望んだ光景の描写である。黒田がこの作品を描いてから約10年後に、浅井忠が同じ場所の風景を描いている。

作品所在地の地図

関連リンク

風景(グレー)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

風景(グレー)
風景(グレー)

黒田清輝

パリー風景
パリー風景

黒田清輝筆

枯れ野原(グレー)
枯れ野原(グレー)

黒田清輝筆

枯れ野原(グレー)
グレーの教会
グレーの教会

浅井忠筆

ページトップへ