少女・雪子十一歳 しょうじょ ゆきこじゅういっさい

黒田清輝筆
明治32年(1899)
板・油彩
33.5×24.2
1面

モデルの雪子は黒田の姪で、橋口家に嫁いだ姉千賀の次女。戸外の緑を背景に、目鼻立ちのくっきりした少女の顔を、速筆で明快にとらえている。明治32年(1899)第4回白馬会展に発表され好評を博した。照子夫人方の姪を描いた《もるる日影》と好一対をなしている。

作品所在地の地図

関連リンク

少女・雪子十一歳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

少女・雪子十一歳
婦人肖像
婦人肖像

黒田清輝筆

湖畔
湖畔

黒田清輝

漁舟着岸
漁舟着岸

黒田清輝筆

智・感・情〈黒田清輝筆 一八九九年/油絵 麻布〉
ページトップへ