阿弥陀経 アミダキョウ

その他の画像全2枚中2枚表示

制作地:日本
平安
紺紙金字
縦 11.8 cm 横 168 cm
1巻

『仏説阿弥陀経』は、西方極楽浄土の荘厳(しょうごん)の様子を説き、称名念仏をすすめる経典で、所謂「浄土三部経」の一つ。料紙は斐紙(ひし)、界線は金界、界上界下には金銀の切箔・砂子・野毛を撒いた鎌倉時代前期の装飾経。
巻末には、後鳥羽天皇の第六皇子である道覚(1204~50)の識語があり、本巻が後鳥羽法皇の宸筆であることを伝えている。

作品所在地の地図

関連リンク

阿弥陀経チェックした作品をもとに関連する作品を探す

仏説阿弥陀経
版経断簡「仏説無量寿経(巻第一)」
版経断簡「仏説無量寿経(巻第一)」
法華経普門品〈(装飾経)/〉
大毘盧遮那成仏神変加持経 巻第四
ページトップへ