赤壁賦 せきへきのふ

巻菱湖筆
江戸時代・天保10年(1839)
絹本墨書
縦177.0×横72.3
1幅

赤壁賦は北宋の蘇軾(そしょく)が作った前後二編の賦。多くの文人に好まれて揮毫されている。各書体を能くし幕末の三筆と称されたた巻菱湖であるが、これは丹念な隷書(れいしょ)で揮毫(きごう)した作品である。天保10年(1839)、菱湖の晩年、63歳の筆跡である。

作品所在地の地図

関連リンク

赤壁賦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

巻菱湖法帖「行書・前赤壁賦 ① (冊子)」
巻菱湖法帖「行書・前赤壁賦 ① (折帖 中巻)」
巻菱湖法帖「行書・前赤壁賦 ② (折帖 凸字版)」
巻菱湖法帖「行書・後赤壁賦(左版 ① 冊子)」
巻菱湖法帖「行書・後赤壁賦(左版 ① 折帖)」
ページトップへ