白磁稜花小鉢 はくじりょうかこばち

陶磁 

制作地:伊万里(有田)
江戸時代 17世紀後半
磁器
各 口径9.5×9.7 高台径3.8 高6.5
10口

伊万里焼の白磁。先端が尖った8弁の稜花形の小鉢で、17世紀後半の製品と思われる。1650-60年代製とされる類品が佐賀県立九州陶磁文化館に所蔵されており、こちらの口縁は7弁である。共箱に墨書で「朝顔ちょく」とある。江戸時代に本作品のような器形が「朝顔」と呼ばれていたことが示唆され、貴重な資料である。

作品所在地の地図

関連リンク

白磁稜花小鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青白磁六稜形花瓶
染付丸文壺
白磁花形皿
染付瓢形大瓶
伊万里色絵花卉文輪花鉢(柿右衛門様式)
ページトップへ