鉢形土器 はちがたどき

出土地:伝福岡県久留米市荒木町出土
縄文時代 1万年前~6000年前
土製
直径14.0 高12.0
1点

押型文と呼ばれる彫刻した丸棒の回転により文様が施された小型の尖底土器。縄文時代早期の土器で、押型文土器と呼ばれる。文様は粗大な楕円形で、器壁は厚く、口縁部はやや外反する。押型文土器は、この時期の日本列島全域で広域展開する土器で、特に九州には遺跡が集中している。

作品所在地の地図

関連リンク

鉢形土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

稲荷原遺跡出土縄文時代早期土器及び石器
深鉢形土器
深鉢形土器
深鉢形土器
注口土器
ページトップへ