すず

制作地:中国, 出土地:中国出土
1-3:中国・南北朝時代 6世紀頃 4:中国・遼時代 10~12世紀
鍍金青銅製
1:最大径7.8 高8.42:最大径5.2 高6.53:最大径5.6 高7.04:最大径7.0
4個

いずれの鈴のなかにも鉄製ないし石製の球が入っており、振ると音が鳴る。下面にはスリット(鈴口)があり、その両端は横方向に広がる楕円形か宝珠形を呈する。上面には鈴を吊架させるための鈕がつく。4個体のうち、ひとつには横方向の挽き目が表面をめぐる。

いずれの鈴も馬の装飾に用いたものと推定される。ほぼ同形で、鍍金を施した青銅製の馬鈴が中国・韓国・日本の墳墓で遅くとも6世紀以降のものから出土している。4個体のうち3つは福岡県宗像市の須江須賀浦9号横穴墓などで類例が出土していることから6世紀頃の製作、後者は中国・遼寧省北票市白家窩舗の遼墓から類例が出土していることから10~12世紀の製作であると推定される。

作品所在地の地図

関連リンク

チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍍金鳥形鎮子
白磁香炉
白釉有蓋壺
瓦屋西B3号墳出土青銅の馬鈴
加彩穀倉
ページトップへ