灰釉水注 瀬戸 カイユウスイチュウ セト

陶磁 

制作地:日本
鎌倉
陶製瓶子形水注
高 19.8 cm 底径 8.5 cm 口径 4.8 cm
1個

口頸部をやや長めにした梅瓶形の瓶に、口縁部から肩に把手をつけ、短い注口をつけた典型的な古瀬戸の水注である。瀬戸地方では13世紀以降、猿投古窯以来の灰釉陶器の技法を継承し、中国陶磁の倣製作品が数多く作られた。梅瓶形の瓶子、酒会壺風な広口短頸壺や水注、合子、香炉、花瓶などがその例である。水注も胴の張った中国陶磁に手本を求め、灰釉や褐釉をほどこしたものが13~14世紀盛んに製作された。この水注はこれらの作品とはやや趣を異にし、梅瓶に近い器胎をそなえている。胴には数条の刻線を施し、他は素文で、全体に美しい朽葉色の古瀬戸釉を施している。比較的遺例のとぼしい作品で、裏面は釉薬が欠落している。

作品所在地の地図

関連リンク

灰釉水注 瀬戸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

灰釉手付水注
瀬戸鉄釉巴文瓶子
古瀬戸黄釉魚波文瓶
褐釉印花菊花文瓶
猿投灰釉多口瓶
ページトップへ