黒漆四十八間金覆輪筋兜 コクシツヨンジュウハチケンキンフクリンスジカブト

制作地:日本
桃山
黒漆塗、金覆輪、阿古陀形。しころ三段金箔押の小札を紺糸で威す。
鉢高 14.3 cm 前後 23.8 cm 左右 20.6 cm
1頭

薄い鉄板を矧合わせて阿古陀形(あこだなり)に作り、その上に黒漆を塗って、48間の筋にはすべて鍍金の覆輪をかけ美麗に装っている。眉庇(まびさし)には金銅魚子地(こんどうななこじ)に鋤出彫(すきだしぼ)りで菊花文をあらわし、その上に高彫りの獅子・牡丹文の飾鋲(かざりびょう)を打っている。獅子文は彫金師の名門である後藤家の伝統的な意匠で、こうした金具が甲冑金物に用いられている例は珍しい。首筋を保護するしころは金箔押しの小札(こざね)を紺糸で威したもので、いかにも近世初頭の華麗な好みを示した特徴ある作例である。

作品所在地の地図

関連リンク

黒漆四十八間金覆輪筋兜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色々糸威腹巻
縹糸威胴丸 兜・大袖付 附旗一旒
鉄錆地塗紺糸素掛威六十二間小星兜
牡丹造梅花皮鮫鞘腰刀拵
黒漆横矧銅具足
ページトップへ