偈頌 げじゅ

石室善玖筆
南北朝時代 永和3年(1377)
紙本墨書
縦32.0 横75.0
1幅

掛幅装。筆者の石室善玖は南北朝時代を代表する臨済僧の一人。筑前国に生まれ、25歳で中国・元に渡り、古林清茂の法を嗣いだ。帰国後は、建仁寺・南禅寺など諸大寺を歴住し、また、古林清茂の門下(金剛幢下)らしく詩文にも秀でた。本作品は、20年来(1262~1329)の知己である臨済僧・無價掌珍(生卒不詳、聖福寺51世)から贈られた偈頌に対して、隠栖先の建長寺金龍庵内の岩隠軒で永和3年(1377)に唱和し揮毫した偈頌である。肥前松浦家伝来。

作品所在地の地図

関連リンク

偈頌チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三大字「旧劫庵」
三大字「旧劫庵」

石室善玖筆

古林清茂墨蹟〈与無夢一清偈/泰定四年至節後三日〉
石室善玖墨蹟 寒山詩 
古林清茂墨蹟 「与月林道皎偈」
明極楚俊墨蹟 偈
ページトップへ