三角柱状土製品 さんかくちゅうじょうどせいひん

出土地:伝福島県耶麻郡西会津町 上小島遺跡出土
縄文時代 前3000年~前2000年
土製
縦7.0 横6.0 高4.2
1点

沈線と縄文で文様が施され、底面は弱く窪む。中央には貫通する孔がある。上端部は欠失している。縄文時代中期後半から後期初頭の北陸地方を中心に出土する山形の祭祀具である。これに類似した石製品である石冠は、後期・晩期の東日本を中心に日本各地で出土し、九州では弥生時代初頭まで認められる。それぞれの関連性についてはこれからの検討課題であるが、縄文時代の東西交流を考える上でたいへん重要な作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

三角柱状土製品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三角柱状土製品
土偶
鐸形土製品
鐸形土製品
注口土器
ページトップへ