長崎諸役所絵図 ながさきしょやくしょえず

その他の画像全3枚中3枚表示

歴史資料 

江戸時代 18~19世紀
紙本著色
縦38.6 全長1173.0
1帖

長崎奉行所など主要な建造物の指図を描く。建物名、部屋名、居住者の姓、建物あるいは部屋の間口と奥行き、制札場などの情報が詳細に記されていること、また西御役所以下、設置・建設年代や増築・修理の経緯、総坪数、焼失の年代が記されていることが特徴で、この点に鑑みると、長崎奉行所の普請方が作成したものと考えられる。さらに、華美な装飾を排し、貼紙を付すことで変更箇所を示していることを考え合わせると、奉行所の役人が実際に使用したものと推測される。本作品は、異国との貿易・交流の場であった出島や唐人屋敷・唐通詞会所のみならず、長崎の様々な側面にも光を当てることのできる作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

長崎諸役所絵図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

長崎奉行所関係資料
長崎唐館交易図巻
長崎唐蘭館図巻
長崎唐蘭館図巻

伝渡辺秀石筆

象図
象図

渡辺鶴洲

長崎港図・ブロンホフ家族図
ページトップへ