須恵器 多嘴壺 すえき たしこ

制作地:猿投, 出土地:不明
奈良時代 8世紀
土製
全高34.3 口径13.8 胴部最大径22.6
1口

長胴で短い頸部(けいぶ)を持つ壺の肩部に、4つの口縁部(嘴(し))を配置した須恵器である。焼成時に器体上半に藁灰(わらばい)がかかって生じた自然釉が、美しく灰緑色(かいりょくしょく)に発色する。このような壺は、中国陶磁の器種名にならい多嘴壺(たしこ)と呼ばれるが、日本では古墳時代の子持須恵器壺(こもちすえきつぼ)から変化した、副葬品または仏具と考えられている。胎土(たいど)の特徴から愛知県猿投窯(さなげよう)産で、生産の中心が須恵器から灰釉陶器(かいゆうとうき)に移り変わる8世紀第4四半期の作と推定される。

作品所在地の地図

関連リンク

須恵器 多嘴壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

装飾付器台付子持壺須恵器(出土地不明)
人物線刻装飾付子持壺須恵器(伝愛媛県北条市出土)
緑釉四足壺
灰釉大壺
灰釉大壺

猿投

灰釉壺
ページトップへ