文化遺産オンライン

花鳥図屏風

かちょうずびょうぶ

作品概要

花鳥図屏風

かちょうずびょうぶ

絵画 / 江戸

佚山黙隠筆

江戸時代・宝暦14年(1764)

絹本着色

6曲1双

 佚山黙隠は、曹洞宗の禅僧で書家としても知られる。来日清人の沈南蘋@しんなんぴん@が日本へ伝えた写生風の濃厚な花鳥画を長崎で習得。その代表作で、鮮やかな色彩で鳥や植物を繊細に描いている。 モチーフの種類や形態など、同時代の伊藤若冲@じゃくちゅう@との関連が注目されている。

花鳥図屏風をもっと見る

佚山黙隠筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

佚山 / / 沈南 / 花鳥

関連作品

チェックした関連作品の検索