Jar, Floral arabesque design in relief under brown glaze

Details

Jar, Floral arabesque design in relief under brown glaze

ceramics / Showa onward

By Miyanohara Ken (1898-1977)

Showa era, 20th century

陶製

1口

宮之原謙(1898~1977)は鹿児島県生まれの陶芸家。陶芸を二代宮川香山に学び、板谷波山を中心とする東陶会に参加した。独自の彩磁技法を編み出し、緻密な技術に定評がある。現代的感覚で図案化され、器形とよく調和した文様表現に特色がある。

Related Works

Search items related to work chosen