深鉢形土器 ふかばちがたどき

出土地:伝茨城県行方郡旧潮来町出土
縄文時代 5000年前~4000年前
土製
最大径54.0 括れ部径28.0 底部径17.0 高68.0
1点

縄文時代中期の東関東を中心に分布する土器。口縁部に取り付けられた複数の環状の透かしを持つ4つの把手が特徴的である。特に、対面する1対の把手に見られる鶏冠状の頂部と土器内面側の横位の逆S字文、口縁部の複弧文は、同時期の新潟を中心に分布する火焔型土器の影響と考えられ、両地域の交流を物語る。

作品所在地の地図

関連リンク

深鉢形土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

深鉢形土器
深鉢形土器
深鉢形土器
深鉢形土器
鉢形土器
ページトップへ