緑釉炉 りょくゆうろ

制作地:中国, 出土地:中国出土
中国・後漢時代 2~3世紀
緑釉陶器
通高15.3 台:最大径15.2 高12.8 盆:口径12.0 高4.3
1組

炉とそのうえに載せる盆を象ったミニチュア模型。炉の正面には釣鐘形の焚口が空く。大きく開いた上面の3箇所に盆を支える支釘を配す。

中国では多彩な器物のミニチュア模型「明器」がやきもので象られ、死者のあの世での幸福を祈って墓に副葬された。炉形の明器は後漢時代に流行したことが、出土例から知られる。

作品所在地の地図

関連リンク

緑釉炉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

緑釉穀倉
緑釉穀倉
緑釉竈
緑釉井戸
緑釉羊
ページトップへ