土版 どばん

出土地:青森県八戸市荒谷遺跡出土
縄文時代 3000年前~2300年前
土製
縦9.2 横6.7 高1.5
1点

縄文時代晩期の東北を中心に分布する亀ヶ岡文化の土製品。長軸中央の沈線とその沈線に向かって施された複数の重弧文が特徴的である。亀ヶ岡文化では、亀ヶ岡式土器(大洞式土器)や遮光器土偶で知られるように精巧な作りの土器、土製品、石製品などが多数製作されたが、本品はその特徴をよく示す土製品である。

作品所在地の地図

関連リンク

土版チェックした作品をもとに関連する作品を探す

皿形土器
土版
亀形土製品
中空土製品
鉢形土器
ページトップへ