染付瓢形大瓶 そめつけひさごがたたいへい

陶磁 

制作地:伊万里(有田)
江戸時代 17世紀後半
磁器
口径8.7 高台径10.4 高41.5
1口

伊万里焼の染付の大瓶。染付磁器は草創期から江戸時代を通じて生産が続き、その間に様々な様式展開が見られた。特に、欧州輸出向けと国内市場向けと受容者の文化の違いに応じて、異なる様式展開がなされていった。本作品は、胴部にひまわりのような文様と頸部には芭蕉文が描かれ、非常にエキゾチックな印象を与える。高さも40cmを超える大型で、このような製品はヨーロッパ輸出向けとして、1660-70年代に製作されたもので、その中でも最上質の製品にあたる。

作品所在地の地図

関連リンク

染付瓢形大瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

染付雲龍文鉢
染付雲龍文鉢

伊万里

色絵雲文水注
色絵雲文水注

伊万里(柿右衛門様式)

染付丸文壺
染付山水文皿
染付宝文皿
ページトップへ