唐三彩貼花獅子文鍑 とうさんさいちょうかししもんふく

陶磁 

制作地:中国, 出土地:中国出土
中国・唐時代 7~8世紀
三彩陶器
口径15.3 幅24.0 高14.8
1口

寸胴な器身の丸底に虎の足に似た形の三足を均等に配する。胴部には獅子文と、パルメットの一種と思しき植物文を交互に型押し(貼花)で飾る。外面底部を除いた表面全体に透明釉をかけ、その上に緑、褐色ないし黄色、藍の釉薬を施す。7世紀後半から8世紀前半の盛唐期には、貴族層のあいだに厚葬が流行する。それにともない、副葬用の華やかな明器として唐三彩の需要が高まり、銅と鉄を呈色剤とした緑釉、褐釉(ないし黄釉)のほかに藍釉まで加わった本格的な唐三彩が大量に作られた。大量生産の需要に応えるため、文様は貼花によって施され、工程が合理化された。鍑は、万年壺、龍耳瓶などとともに盛唐の唐三彩を代表する器種のひとつである。本作の胴部に飾られた獅子文や植物文は、当時の中国では新しかった藍釉とともに、西域からの影響を色濃く反映している。

作品所在地の地図

関連リンク

唐三彩貼花獅子文鍑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白釉有蓋壺
白釉有蓋壺
三彩貼花瓶
藍彩貼花文四方器
白釉龍耳瓶
ページトップへ