刀 銘 九州肥後同田貫上野介 かたな めい きゅうしゅうひごどうだぬきこうずけのすけ

その他の画像全2枚中2枚表示

同田貫上野介
安土桃山~江戸時代初期 16世紀末期~17世紀初期
鉄鍛造 鎬造
総長93.0 刃長70.5 反1.4
1口

鎬造、先の伸びる大鋒。反りやや浅く身幅広め、重ね厚い。表裏に刀身彫刻は伴わない。総体やや白け立ち、鍛は板目に杢目がかり肌立つ。肌は匂出来。刃文は直刃。茎は生ぶで、角棟、刃上がりの栗尻、鑢目は切。目釘孔を1つ開ける。銘は指表に刀工銘「九州肥後同田貫上野介」を大きく刻む。同田貫は、南北朝時代に菊池氏が山城国より招いた来派の刀工、延寿太郎国村の末裔とされる刀工一派。その作風は華美を抑えた実用本位のもので、頑丈で切れ味のよいことで知られる。玉名で作刀した同田貫の初代が正国(のち上野介)で、本品のように「上野介」銘を切る作例としては、「上野介」、「九州同田貫上野介」、「肥州菊池住同田貫上野介」などがあり、主に文禄から慶長年間にかけての作刀が確認できる。

作品所在地の地図

関連リンク

刀 銘 九州肥後同田貫上野介チェックした作品をもとに関連する作品を探す

脇差 銘 薩摩國出水藤原正良
太刀 銘成高
刀 銘 筑州住左行秀鍛之/嘉永二二年二月日應小倉正治好
刀 無銘則房
太刀 銘吉家作
ページトップへ