三角縁神獣鏡 さんかくぶちしんじゅうきょう

出土地:伝三重県一志郡美杉村太郎生出土
古墳時代 5世紀
青銅鋳造
径21.9
1面

内区主文帯に6乳を置き、3神と3獣を交互に配置するが、一部は鋳上がりが悪く不明瞭である。外側の副文帯には9乳を配するが、間隔にばらつきがある。乳間には蛙や双魚、獣を置き、細線で弧文や円文を充填する。本品は、粗雑化したさまざまな特徴から仿製鏡と目される。また三重県美杉村出土とされるが、当地は山間部で古墳は存在していない。しかし、大和と伊勢を結ぶ交通の要衝であり、峠や集落境で行なわれた神まつりに伴う可能性も考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

三角縁神獣鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三角縁神獣鏡
奈良県佐味田宝塚古墳等出土品
画文帯四仏四獣鏡
矢ノ浦古墳出土変形獣帯鏡
三角縁神獣鏡
ページトップへ